週末起業コンサルが伝えるお勧めビジネス3選

「週末起業を始めるにあたって、お勧めのビジネスはありませんか?」
よくこのようなご相談をいただきます。基本的には好きなことを起業ネタすべきということはありますが、それでも、お勧めということでしたら、今日は週末起業コンサルがすすめるビジネス3選でお伝えします。

お勧め1 士業、それに近い資格活用するビジネス

国家資格というのがたくさんあります。その国家資格、またはそれに近い資格を活用するビジネスを最初お勧めします。
メリットは、募集資格と項目でアドバンデージを持つことができるからです。

資格は、いわゆる認定とは違います。私的な会社やスクールの資格ではなく、国家の試験に通って、もらう資格です。
弁護士、税理士、中小企業診断士などをいいます。
とりわけ、中小企業診断士をもつことは、セカンドステージなどでも役立ちます。
これはあくまで、入り口でのメリットがあるという考えでいてください。その先はやはり、その人対応次第だということになります。
デメリットは、資格獲得までの労力と資金があります。でも、ほかのビジネスでも投資をするという観点なら同じだと解釈してもよいでしょう。
公的機関などからの依頼なども国家資格があるか、ないかでかわってくるでしょう。

お勧め2 コンサルティング(特にマーケティング)

私は、週末起業時代にWEBコンサルタントを始めましたというか、始めることになりました。これは、ある中小企業からコンサルの依頼を受けてから始めたというのが、スタートになります。

今は、諸所の事情で、非常にビジネス特に売り上げをつくっていくことに多くの事業者が困っています。だからこそ、コンサルティングはとくにマーケティング系は需要があるのは事実です。

ただ、このマーケティング系コンサルティングには、いえば、詐欺的なイメージも払しょくできない部分も否みません。
だから、やるのであれば、テクニックだけに偏るコンサルではなく、相手のこともよく見極めながら対応できる伴奏型コンサルティングの需要が上がってきていると思います。

私は今WEBコンサルタントの養成をやっています。入門講座をまずは、受講してみてください。

お勧め3テクニック系ビジネス

少しアバウトな言い方かもしれませんが、やはり、手にスキルをもったビジネスを展開する方が、ビジネスを成り立たせる確率が変わってきてしまいます。コンサルティングだけですと、そのエビデンスがだせないと、口だけと思われます。しかし、エビデンスでテクニックを示すことで、その相手からの信用度はどんどん上がっていきます。

その意味でも、テクニックはしっかりと身に着けてみましょう。
テクニック、例えば、WEBサイト制作、デザイン、料理、革製品、なんでもよいですが、このようなテクニックとほかの方法をくみあわせることで、専門家というポジションを本物として認知されやすく、ビジネスにつなげていきやすいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
シンプルにいうとブランディングできなくても認知されやすく、在庫も固定費がかからないで、お役立ちができるビジネスモデルからスタートされるのが、週末起業認定コンサルがおすすめするビジネスではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fourteen + 7 =