週末起業、起業でも、自分で稼ぐスキルを身に着ける

6月12日(日)大阪にて、週末起業を語ります。募集人数の倍の参加者だそうです。こちらはまた、レポートをお届けできればと思います。
さて、私はこの週末起業以外にWEBコンサルタントの養成コーチングビジネス養成を行っており、その中でも、起業を目指されてる方が多いのは確かです。

その中で、やはり大事なのが「自分で稼ぐスキル」を身に着けることが大事です。

自分で稼ぐスキルについては、週末起業大學で詳細をお伝えしていますので、こちらをご受講いただければと思います。

せっかくなので簡単に自分で稼ぐスキルを身に着けられるか3つのスキルポイントでお伝えします。

ポイント1 レスの速さ

意外かとおもわれるかもしれませんが、お仕事で成果をあげられている方は、このレスの速さを重視しています。(ほかのコラムでも言及しています。)レスの速さほど大事なものはありません。

ポイント2 お金と時間の約束を守る

これも当たり前のことです。お金に関しては非常に大事です。
お金の約束とは支払いや一緒に過ごした時のことなのです。たとえば、仲良くなったからと言って、おごりを請求する人もいらっしゃいますが、この属性の人たちは、基本、警戒されることになり、信用を逆に失うことになります。

時間も同じです。古いかもしれませんが、私は、アポイントの10分前まで必ず、そこにいるように心がけます。どうしても、遅れるなどが生じる場合は事前に必ず連絡をいれます。
このどちらも、相手への信頼感を獲得するには不可欠なのです。

ポイント3おごらない、いばらない、でかい態度はとらない

とった瞬間に、はだかの王様になりだしたと自覚してください。

このようになってしまったら、もう、後退がはじまっているのと同じだと私は自覚しています。

おごっても、いばってもでかい態度をとってもそれは去勢に過ぎないと自覚すべきです。

何の意味もありません。特に年齢を重ねるとでますので、気を付けましょう。

週末起業で人生のセカンドキャリアを模索されている人もたくさんいますが、この3つの態度にならないように気を付けるべきとおつたえしています。

そういう意味ではフリーランスでいることは非常に大事だと思っています。

おかげさまで20代、30代、40代の若い世代とビジネスができています。

会社にいたときは、つい出そうになった自分がいましたが、独立したら、それが何の意味もないことだと知りました。

まとめ

自分で稼ぐスキルは、ちょっとしたことしぐさであることがわかります。
WEBマーケティングやなにかしらのツールを使っても、人間性で評価がないとお仕事依頼がこないと思ったほうが良いです。
特にフリーランスは依頼者の信用あってこそというのが私の経験です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

20 − fourteen =