週末起業成功は競争に打ち勝つこと?

週末起業で、成功していくにはどうしたらよいか。

そもそもとして、週末起業で成功するとはどういうことでしょうか。

実はこれは、人それぞれっていうのが答えなんですね。

そう週末起業って、たとえばコーチ業をすることが週末起業ではないんです。

今日は、週末起業成功するために競争で打ち勝つことが必要なのか書いていきたいと思います。

週末起業成功は競争に打ち勝つこと?

週末起業で成功するとはどういうことか

週末起業で成功するという定義は非常に難しいです。

答えは、人それぞれです。

でも、何かしらの共通点があるかと考えています。
その中で、競争に打ち勝つことという言葉がでてきます。

もちろん、ビジネスであることから、最初にでてくるのが

同業他社との競争

しかし、実は週末起業においては、競争に打ち勝つという概念がありません。

そうではなくて、他社と差別化することで、成功につなげていく。

実は、週末起業家だけでなく、小規模事業者や小企業が、勝ちに行くためには、これしかないということです。

その差別化ってどうすれば良いのか。

具体的に書いていきましょう。

ビジネスで差別化する方法とは

シンプルな考え方として3つの方法あるといわれています。

  • 売る人
  • 売り方
  • 売る商品

売る人・・・これは、同じ条件、同じ状況ならあなたから買いたいわといわせる差別化です。
      週末起業において大事なことです。
      「あなたにお願いしたい」と相手から言わせることは、マーケティングにおいて重要であり、週末起業では、欠かせない一     
      つの言葉です。

      例えば、コーチングスクールで認定コーチとなった人は、多人数です。その中で、あなたにおねがいしたいといってもらうためにどうすれば良いのか。

これが差別化の一歩となります。

売り方・・・これも工夫することで、他社との差別化ができます。この売り方で参考にしたいのが、ジャパネットたかたが参考になります。 テレビ、ラジオ、インターネットで、現物がみれないのになぜ彼らから買うのが多いのか、その原因に売り方があるからです。

売る商品・・これは究極です。欲しい商品がここにしかないのであれば、当然差別化できます。究極は高級ブランドでしょうか。
      ここはなかなか極めないといけないかもしれません。

週末起業駆け出し、もしくはこれからの人がやるべき差別化は

これは、シンプルに、何かしらのスペシャリストになることです。

それが、差別化のスタートといっても過言でないと思います。

ある分野の第1人者になることで、大きく差別化できます。

例えばYPUTUBEでもいろいろなスペシャリストがいます。

飛行機系YOUTUBER 鉄道系YOUTUBER 一人旅専門

など細かいカテゴリで分けています。

しかも、誰かが分けたのではなく、自称です。

つまり、自分でそう名乗っているのです。

でも、一番だからこそ価値があり、そこに関心ある人がよってきてひとつの差別化が生まれるのです。

ただし、なんでもかんでもそうだとは言っていません。

中身がないのは少なくても化けの皮がはがれてしまったり、それなりの実力がいるのは当然かと思います。

まとめ

週末起業では、競争を基本しません。我々が目指すのは、差別化です。「あなたにおねがいします」とお客様から言わすことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twenty − ten =