自分で稼ぐスキルが身につく人と見につかない人3つ差とは

どの世界でもそうですが、うまくいく人たちとうまくいかない人たちがいます。

その割合は、そのカテゴリーなどで、変わりますが、週末起業では、大きな差がでます。

週末起業でうまく人たちは1割ぐらいです。その他の方はなかなか厳しいものなのかもしれません。

しかし、原因は自分で稼ぐスキルを身に着けているかどうかになります。

本日は、その差3つのポイントでお伝えします。

差1 インプットアウトプット実践習慣

多くの人が、お金を払って学ぶことはしますが、それを、実際に試してみることをする人が実は非常に少ないんです。

そして、そのプロセスとしてアウトプットしたから、実践という流れをされる人は非常に少ないです。
では、なぜ、このプロセスが必要なのでしょうか。

インプットだけでは、その内容の半分も理解できていないことが多いです。
だからこそ、その仕入れ情報を、自分に理解させるために、自分が誰かに伝えるアウトプットを行います。

アウトプットするためには、情報を知るだけではなく理解していないといけません。
アウトプットをすることで、仕入れた情報を再確認し、一歩自分のものになっていきます。

さらに、アウトプット後、自分でやってみることで、わかないところ再認識や課題の抽出や課題解決など
実践をもとに試行錯誤ができるようになります。

インプットを使いこなすにはこのぐらいのことを当たり前のようにできないと行けません。

差2イエスマンになる

多くの人が、実は一度は、ビジネスチャンス、またはそれに準ずるものを受けたことがあるかと思います。

ビジネスチャンスがないと感じられている人で、相談がまったくなかったということをおっしゃる人がいらっしゃいますが、本当に些細な相談もなかったのでしょうか。

もちろんマーケティングで、依頼が来るような仕組み構築は必須ですが、それ以外でも、相談ややってみないかのお声がけがあったかと思います。

成果を上げている人は、まずは最初のころはとくに一度依頼を受けてみます

それから、どうするかを考える人が多いのです。
多くの人ができるだろうか躊躇が多く、このチャンスを逃しているので差が出ている場合が多いです。

差3 プロ意識

これが一番かと思います。

週末起業家はある意味にわか専門家からスタートすることが多いかもしれません。

だからこそ、自信がない、不安があるとかが出てくるのですが、それだけではありません。

以外に、レスポンスが遅かったり、途中で厳しくなると音沙汰がなくなったりと、基本的信用を失墜される人が多いです。

必要なのは、人間的信頼が一番です。

まとめ

差は、実力や突出した技能とは限らないのです。

ちょっとした意識の差、ちょっとした行動の差、そして、自分にあまいか甘くないかも大きな一因だと思います。

やるきある週末起業を目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × 4 =