実践経験に基づく週末起業で失敗しない方法3点

週末起業の課題は、リスクに関する対応をどうするのかということです。
絶対を求められる人もいますが、それであるならば、時間評価で、対価がもらえるサラリーマンを選択されることが賢明と思われます。
でも、そうはあってもできるだけリスクヘッジできればというのは、誰しもが考えることではあります。
週末起業自体が「生活費は給与で維持しながら、隙間時間で起業にチャレンジしましょう」と提唱はしています。
しかし、やるからには、収入を得たいですし、失敗はしたくありません。

今回は、失敗しないで週末起業をするために取り組む3点ン位ついてお伝えします。

失敗しない1 固定費がかかるビジネスを始めるにしてもまずは・・・

週末起業で出てくるビジネスとしてカフェをやりたいとか飲食関係または、リラクゼーション系をしたいなど話題になるときがあります。また、アートショップを開店したいという相談もいただきます。

週末起業においては、スタートアップはできるだけ固定費用をかけないようにお伝えしています。

「ではカフェとはしないほうがよいということでしょうか」という質問も当然いただきます。

考え方としては、現状カフェ、飲食店など自分が目指すカテゴリーの支援を行うということをまずは考えてみてはということです。

支援ということは、アドバイスという無形の価値ではじめるということです。固定費はかかりません。
しかも支援なので、いろいろな実体験をクライアントと積むことができます。

それは、ご自身の貴重な財産にもなります。

で、大事なのが・・・ここからは週末起業大學でお伝えしています。

失敗しない2 突飛にビジネスアイデアは、避けたい

日本で唯一のビジネスモデル。確かに競合はいないかもしれませんが、これだとそもそも啓発行動から初めて行かないと駄目なことが多いです。それは、認知さえもされていないからです。先見の目を信じて、行動するのも一つの選択肢ですが、それには、それなりの決心と忍耐を持ち合わせる必要があります。

でも、やってもよい人は、トライしましょう。しかし、そこまで思っていない。それよりも小さな成功でもよいから体験したい方は、まずは、既存のビジネスモデルに注目し、そこから、少しだけ特化できるビジネスアイデアを考えてみるのが良いかと思います。

認知があるバックグラウンドで、そこからの少しの特化のほうがすでに需要の可能性が見えてくるからです。

具体的なことは週末起業大學で・・・

失敗しない3 メンター

スタートアップにおいてなにかと悩んだり、正解を求めたり、自分の中で何かしらの策を考えていく必要があります。

こうなった時に、自分の知見での限界を感じたときに、それ以上の成長が見込めなくなることがあります。

そんな時にアドバイスしてくれたり、導いてくれたりしてくれる人がいると心強いです。

つまり、メンターを置くことで、失敗の確率は大いに減少するでしょう。

勘違いしてはいけないことはメンターが成功させるという解釈ではありません。

無知の失敗をしないように経験をもったビジネスの先輩を先生にすることで、自分が体験しないとわからないことが、体験しなくても体得でき、それに対応することが速くなってくるからです。

ビジネスは方上がりにも一本調子でもありません。山あり谷ありの繰り返し。そんな時に、自分の参謀がいてくれることで、そのビジネス展開は大きく変わるでしょう。

まとめ

週末起業も、ビジネススタートアップ、いままでに経験したことがないことをチャレンジする。

迷いも弱気にも自己嫌悪にもなる可能性があります。

週末起業の失敗の9割以上が実は最初に1歩が踏み出せないことです。

知識をもっても行動に踏み切るときに大きなブレーキがかかるようです。

それが 失敗したらどうしようというリスク意識です。

やればわかる世界が起業の世界だと知ると、もっとチャレンジできますよ。

まずは週末起業ビズセミナーに足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

two × 2 =